内視鏡外科手術

Endoscopic surgery

内視鏡手術

内視鏡外科手術のご紹介

内視鏡外科手術のご紹介

開腹手術ではおなかを大きく切って、獣医師が患部を直接見ながら手術するのに対し、内視鏡外科手術ではおなかに小さな穴をあけて内視鏡を挿入し、モニター画面を観察しながら手術します。

本院では王子ペットクリニック重本院長の協力のもと腹腔鏡による低侵襲外科手術(からだにやさしい手術)を行っています。 全ての手術が適応ではありませんが、メリットとして傷が小さい、術後の回復が早い、癒着が起こりにくいなどがあります。

避妊手術や腹腔内潜在精巣摘出手術だけでなく予防的胃固定術、胆嚢切除術も腹腔鏡手術で行えることがありますので詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

一般的な開復手術による避妊手術

図1 一般的な避妊手術のイメージ①

図1 一般的な避妊手術のイメージ①

図2 一般的な避妊手術のイメージ②

図2 一般的な避妊手術のイメージ②

腹腔鏡による低侵襲外科手術

腹腔鏡による低侵襲外科手術のイメージ

避妊手術、腹腔内陰睾(潜在精巣)の例

一般的な開腹による避妊手術では背中側にある卵巣と子宮をお腹の外までひっぱり出さなくてはなりません。その際に強い痛みが生じることがあります。また傷口も1〜2cmほどのためお腹の中はほぼ見えず、経験や感覚で牽引するため出血のリスクや他の臓器の観察はできません。
腹腔鏡を使用することでしっかりと見て確認しながら手術を行うことができるため安全性も高い手術と考えられます。

腹腔鏡手術のメリット・デメリット

内視鏡外科手術のご紹介

メリット

  • 術創(傷)は小さく、術後の痛みが少ない
  • 術後の癒着が少ない
  • 死角が少なく、拡大した視野で手術が可能である
  • 手術後の胃腸の運動性が保たれやすい
  • 術創の感染リスクが低下するとされている

デメリット

  • 手術時間は長い傾向がある
  • 手術費用が高くなる
  • 気腹(お腹に炭酸ガスを入れて膨らますこと)による呼吸や循環動態への影響がでる可能性がある
  • 皮下気腫、気胸、空気塞栓などが起こる可能性がある

施術例のご紹介

腹腔鏡による避妊手術(卵巣摘出)の縫合部

腹腔鏡による避妊手術(卵巣摘出)の縫合部

当院では3ポートで実施していますのでお腹の傷口は3箇所になります。

腹腔鏡による卵巣子宮全摘手術後(抜糸時)

腹腔鏡による卵巣子宮全摘手術後(抜糸時)

卵巣摘出術に比べ、お尻側の傷口は少し大きくなります。

医療機器の紹介

VISERA ELITE II

VISERA ELITE II

内視鏡外科手術の正確性・安全性向上を追及し、高精細な観察性能を実現させた外科手術用内視鏡システムで、腹腔鏡や胸腔鏡による低侵襲外科手術(からだにやさしい手術)を行うために使用します。

THUNDERBEAT

THUNDERBEAT

高周波電流と超音波振動により血管のシーリング(封をする)と切開が同時にできる非常に優秀な装置です。
SONICBEATと比較すると7mmm径までの血管をシーリングする(封をする)ことが可能で、より迅速にシーリングと切開できるため手術時間の短縮など外科手術に大きく貢献できるものとされています。

SONICBEAT

SONICBEAT

超音波振動により血管のシーリング(封をする)と切開が同時にできる優秀な装置です。
THUNDERBEAT には劣りますが5mmまでの血管をシーリングすることが可能です。
そして、SONICBEATの特徴は熱産生が少なく周囲組織に優しい装置であるため、小さな組織を対象とする手術に適しています。