眼科

Ophthalmology

眼科のご紹介

犬や猫の眼の病気は、角膜の傷から緑内障・白内障まで人と同じように多くの疾患があり、診察するためには様々な検査や機器が必要となります。
当院では以下のような機器を使用し、目の治療を行っております。目が痛そう、目が白くなった、暗いところで怖がるようになったなどの症状があったらお早めにご相談ください。

眼科の担当獣医師

placeholder image

島崎 徹

ASC皮膚科研修医
どうぶつの総合病院皮膚科フェロー
どうぶつの総合病院眼科研修医
日本獣医皮膚科学会第1回認定医

プロフィール詳細

診察の流れ

01問診・身体検査

飼い主様からお話を聞き、視診や触診で状態を把握します。目の状態、動き方などを確認します。

事前に問診票を記載いただくと、スムーズに受付をご案内できます。
問診票のダウンロードはこちら

02検査

視覚検査、眼圧測定、眼底検査、超音波検査などさまざまな検査を行います。

03総合的診断と治療方針の提案

検査の結果に応じて、治療方針の提案を行います。

医療機器の紹介

眼科では専門の診察機器を取り揃え動物への負担の軽減・または病気の早期発見ができるような環境を揃えております。

前眼部検査機器
前眼部検査機器
動物用手持眼圧計
動物用手持眼圧計
動物用網膜検査機
動物用網膜検査機
眼底カメラ
眼底カメラ

問診票のダウンロード

当院ではホームページから問診票のダウンロードができます。
初めて当院で受診される方は、初診問診表にご記入ください。
クリックするとPDFファイルが開きますので、印刷してご利用ください。

初診問診票のダウンロード